融資を行っていても、銀行は「貸金業者」とは異なり、どこまで行っても「銀行」ですので、貸金業法の制約を受ける対象になることがないのです。つまるところ、銀行ローンは総量規制を考慮しなくても大丈夫だということです。銀行が推進しているカードローンは、ほとんどの場合300万円までの借金は収入証明書は提示不要とされているのです。消費者金融と比較してみると、その点では簡便だと言うことができます。体験するとわかることですが、審査基準にある程度差が見受けられるようです。現実に私自身が申し込みを入れてみて、審査を通過しやすいと思った消費者金融をランキングの形で掲載しましたので、参考にしていただければと思います。無利息の適用期間中に返しきれなくても、超過料金的なものが課せられることはないので、キャッシングの申請を考え中の方は、まず最初に無利息期間設定のあるキャッシング業者を利用すべきでしょう。おまとめローンを使って借り入れするなら、何はさておき今より低金利の銀行を選びましょう。金利が低くないおまとめローンにチェンジした場合は、メリットはひとつもないというわけです。上限金利を調べて、お得な順に消費者金融をランキング順に掲載しております。