収入証明書の提出が必須なぶん、銀行以上に消費者金融の方が審査条件が厳しいと言えます。従って、多くの資金を調達したい場合は、銀行に申し込んだ方がよいでしょう。専業主婦の方が「総量規制」の適用がされない銀行でお金を借りるという場合、在籍確認はスマホなどモバイルへの電話だけで完結です。無論、ご主人が務めている会社に電話が入ることはありません。カードローンというものは、個別に違った特徴が見受けられ、融資利率や上限額などのような、明記されている基礎的な情報だけでは、比較するのはハードルが高いと言って間違いありません。「今の自分がカードローンの審査に合格できるかどうか」不安を感じる人もいるはずです。そうした方の参考になるように、「審査をクリアできない人の特性」をお教えしたいと思います。近年の消費者金融は申込者のプライバシー保護を最優先事項としているため、お金を借りる時に必要な勤務先への在籍確認の連絡も、消費者金融からだとは知られないようにしてくれますから心配しなくて大丈夫です。消費者金融であるとか銀行の金利には適用範囲を示す下限金利と上限金利があるわけですが、カードローンの金利を比較するときは、上限金利を調べることが必要不可欠でしょう。カードローン運営事業者を比較しようとするときに、確認してもらいたいポイントをお教えします。